ユーキャン
PR

【徹底解明】ユーキャンの資格は使えない?口コミはホントに正しいのか?

u-can_tukaenai.img
リサーチャーMr.X
記事内に商品プロモーションを含む場合があります。

ユーキャンで学びを始めよう、資格を取ろうと思っているひとには、ネガティブな口コミや検索ワードがヒットすると不安になりますよね。

ちょっと不安で汗
ちょっと不安で汗

ユーキャンの資格は使えないというワードや口コミがヒットしますが、本当なのでしょうか?

おたか
おたか

かくいうワタシもユーキャンを選択しようかなっていうとき、ネガティブな口コミやワードを見つけてしまって、不安感先行で正しく考えられなくなったことがありました。

体験上からもこうした方が多いのではないのかな?と思っています。

そこで、ここではユーキャンで取る、取った資格が使えないというようなネガティブなワード、口コミをしっかりと掘り下げてみました。

こんな不安や疑問を解決

・ユーキャンで取ろうとしている資格が有効なのか。

・ユーキャンで取った資格が実際に役立つのか。

この記事で、こんな疑問や不安を解決してください!

解明解説

ユーキャンの資格が使えない・やめとけと言われる理由

ネガティブな情報や口コミは、体験的な事実もあれば感情的なもの、勘違いなど背景がさまざまです。

物事の背景を見抜いて確実な情報を得なければ間違った判断につながり、結果として損をすることになります。

せっかく「資格にチャレンジして将来像を確実にしよう」としているのに逆になってしまいます。

それだけは絶対に避けたいですよね!

比較的平易な初級資格に大きな期待を持ち過ぎている

資格には目的が必ずあります。
それで資格は階層化されています。
目的が高度であればあるほど難しい資格となり、取ればステータスが得られます。

比較的平易な資格を数多く取ったとしても、必ずしも評価や就業転職につながらないこともあります。
切り札に使えるシーンが狭くなります。

良くない例として、

・平易な資格を数多く列記した履歴書は時に逆効果。

資格と実務経験の履歴がリンクしていなければ絵に画いた餅に見える。

再就職や転職に有利にならないかと思い、とにかく数打てば当たる式でどんどん資格を取ったとしても、求められている業務上のスキルと整合性がなければ積極的な評価は得られにくいのも現実です。

逆に、それだけの資格を取った動機は何なのか、それをどう活かしてきたかを問われることにもなります。

また、資格それ自体は評価されるものの、実際にその資格を活かした仕事をしてきた実績がゼロならば初心者と同じ評価しか得られません。

資格マニア的なに見られて損をしているひとも、ユーキャンの資格は使えないという口コミを多く投稿している傾向が見られます。

ユーキャンの資格を使えるようにするためには、自分の目標やニーズに合った資格を選ぶこと、その資格を活かして経験を積めることが大事です。

資格には違いがある

ユーキャンの資格が使えない、ユーキャンで資格を取ったものの全く使えないという口コミの背景には、資格以前に大事なことがある、それがしっかり、ハッキリしていないということがあります。

資格取得の目的や今後のライフプラン設計などを考えたうえで、有効な資格を目指すことがいちばん大事なのですね。

【参考】資格の違い
持っていないとできない持っていなくてもできる
・登録販売者
・税理士
・電気通信主任技術者
・看護師
・調剤薬局事務
・簿記(経理業務)
・ITパスポート
・医療事務

資格には、その資格がないと仕事ができないものと、その資格がなくても仕事ができるものとがあります。なくても仕事ができる資格の場合、「取っても使えなかった、評価されなかった」ということがおきることがあります。

こんな経験をしたひとが、感情論で口コミを投稿している一面があることも見逃せない点です。ネットでは人物や背景が見えないため、頭から信頼してしまうことは危険です。読み解く、推論することがとても重要です。

取得後のイメージができていなかった

資格を取っても何も変わらないし、メリットも感じられない。

無駄に思える。

資格取得後に自分がどうなりたいのかをしっかりとイメージして資格を選んでください。

資格を取ったあとの自分のイメージを描いてみましょう。
・資格を活かしてバリバリと働いている自分
・資格を取ったことでポジションが上がり、仕事が楽になった
・資格を名刺に記載して信頼を得ることがたやすくなった、、、etc
資格を活かしていまよりも良い環境に恵まれている状態です。

もし、描けないなら、再点検が必要です。
・資格自体の価値を確認してみる
・自分の仕事、将来性との関係を確認してみる
再点検で自分にとっての資格の有効性を現実的な視点で見直してみます。
見直した結果、将来イメージが向上しないようなら、資格そのものを見直すことも必要です。
もっと自分の今と将来に有効な資格を再検討しましょう。

また、資格を取ったこと自体に満足してしまっているひとも多いようです。
・資格を活かせるところへ異動を願い出る
・資格を活かした副業を始める
・資格取得までのあれこれ顛末を発信してコネクションを増やす、、、etc
とりあえず皆と横並びで有資格者にはなれたではもったいないですよね。
積極性を持たずにいると他からの持ち腐れどころか、何も起きないことに不満を抱くようになって、それが「資格を取っても無だった感を生む原因になる」のです。

仕事で使えない、関連がない、実用的でない資格が多い?

取ったけれど、仕事で使うこともなかった。

よくよくユーキャンの講座を見ると、趣味とか実用資格ではないものも多いよね。

自分のスキルアップ、仕事への応用、人生のレベルアップなど、目的を持った最適な資格を選んでください。

ユーキャンの資格は「仕事で使えない、実用的でない資格が多い」という口コミもある程度見かけますが、そうでしょうか?

そもそも論ですが、ユーキャンでは国家資格から民間資格まで、業務独占資格も網羅されてます。
医師(医学部を出ていなければ受験できない)、弁護士(予備試験に合格、法科大学院終了)などの最上位資格でもない限り、ユーキャンの講座で学べない資格はほぼないはずです。
投稿者がどのような仕事をしていて何を求めているか不明(こうした投稿のほとんどが具体的なことが欠けています)で首をかしげてしまいます。

例えば、経理部にいて、より高い仕事をしたい、会社から認められたいというなら、狙うは「税理士か公認会計士」です。
かなりハードルが高い資格ですから、ユーキャンよりもより専門的に扱っているところの講座が適切かもしれません。

だからといって、他の資格がまったく仕事に役立たないということはありません。
営業先でまったく話に加われないようなIT知識レベルだったら信頼を得ることは難しくありませんか?
それならIT系資格にチャレンジして知識を身に着けるべきです。イマドキのレベルに追いつきましょう。

自分自身に素直に問いかけてみれば、「こうしたほうがいいかな」がみつかっていくはずです。
そのとき、ユーキャンの豊富な講座のどれかが役にたつこともあるはずです。

似たような意味合いの「仕事との関連性が薄いものが多い」という口コミもありますが、こちらも同じことが言えます。

誰でも取得できる、狙いやすい資格講座が多い?

ユーキャンの講座を調べると、わりと簡単で取得しやすいものが多い。
これって価値ある?

ユーキャンで学ぶことが初めの一歩になっているひとも多いのです。だからはじめて学ぶひとに選ばれています。

ユーキャンは「誰でも簡単に取得できる資格や狙いやすい資格が多い」という口コミもあります。
それのどこがいけないのでしょうか?

はじめて学ぶひとも多いのが資格講座の特徴です。それまで触れたことのない分野を一から学ぶ。
そんなときには初級の資格から挑戦するのがセオリーです。
いきなり税理士を目指すひともいるでしょうが、事務職として簿記を学んだのちに目標が上がって目指すひともいます。

天才でもない限り、加減剰余もできないで微分積分ができるはずもありません。
ユーキャンは初めて学ぶひとにいちばん適している講座が揃っています。
スタートラインが低いことは質が悪いということではありません。
小学校からいきなり高校へ飛び級できるような天才なら別でしょうけど。

また、「誰でも取れる狙いやすい資格が多い」という口コミも同じです。
人生を中学生から始めるひとはいない。
だれしもが小学校から始めます。
小学校をおざなりにすれば、中学校の成績は散々でしょう。

資格に何を求めているのかがしっかりとしていれば、そこからのジャンプアップの踏み台にすることもできます。

就職・転職には役に立たなかった?

資格で就職、転職を有利にしようと思ったけれど、期待した効果がなかった。

希望する職種や企業、仕事で評価される資格に絞り込むことが大事です。

ユーキャンで資格を取っても転職で役に立たなかった?
履歴書に記載したのに採用されなかったときは、そう思ってしまいますよね。
就職や転職で資格がどの程度求められているかはまちまちです。
・特定の職種を募集している
・即戦力を求めている
・業務拡大したい
こうした場合には有資格者が求められている場合も多いです。

一方で、なんでもやってくれる事務職みたいなイメージだと資格よりも人柄重視です、
また、有資格者が既にいて、その補助的業務を担うような場合も同様です。
資格があると時給が高かったりするため、複数人配置することはしないかもしれません。

新たな仕事探しの場合は、具体的な業務内容を確認して、自分の持つ資格が活かせて役に立つかどうか、これからどんな資格を取ればい良いかなども確認しましょう。

役に立たない資格でも受講料が高すぎる?

確かにユーキャンの講座は種類が多いけれど、「これ何?」って思うものもかなりの料金だったりしてギモンを感じた。

特に趣味や技能を学ぶ講座は、実際にやってみる教材が付属していたりする分、お値段が高く見えることもあります。
また、はじめて学ぶひとのために、教材も多方面から充実させていることで、他の講座よりも高いこともあります。

これはちょっと悪口っぽい口コミですが、どうでしょうか?
その資格にどれだけの価値を見出しているかはそのひとそれぞれです。
その価値に見合うのでお金を払って受講しているわけです。
・コスパ重視
・紙テキスト不要で安価が良い
・動画主体で良い
ひとにより重視するポイントも様々です。

ユーキャンは、始めて学ぶひとが多いため、教材もいろいろ揃えられています。
その分価格が高くなっている講座もあります。
紙教材はいらない、DVDなんか見ないというひとはユーキャン以外を選べば良いでしょう。
これまでを振り返って、学校の学び教材のような仕組みがいいと思うひとはユーキャンがおすすめです。
視聴覚すべてに訴えた学びができます。
問題の添削や質問もできます。

さらに、趣味的な講座では、「いろいろ楽しみながら学んでいきたい」という希望も多いのです。
受講した以降は自分で楽しんでいくわけですから、受講中もその魅力を味わい、確認しながら学びたいひとも多いのです。
ひとの価値観は自分とはちがうということです。
ギガがもったいないなら、スマホではなく紙テキストを持ち歩くこともできます。
かわいい付箋を貼ったりと、楽しく工夫して学ぶのもアリです。

ユーキャンで何かを学ぼうとしたとき、ぜひ、自分の学び方を考えてみてください。
確かにユーキャンより安価な講座があります。
どれを選ぶかは、学び方次第ということです。

履歴書に書けない資格が多い?

就職や転職の履歴書に「これ持ってます」って書ける資格が少ない。

資格からお仕事を考えずに、お仕事から資格を選んでください。
これからやろうとしているお仕事は何?
そこが絞り込まれると必然的に必要な資格が見えてきます。

資格からお仕事を選ぼうとするとこの感想に行き当たります。

そもそも論ですが、これからどんなお仕事をしたい?今よりも何が良くなって欲しい?
これが曖昧だと資格からお仕事を見る視点になってしまいます。

建設現場で働くとしても、そこで何をするのか?ブルで運ぶのか、特殊車両で工事をするのか?現場監督をするのか?
作業、職務によって必要な資格が異なります。

事務を目指すなら、どんな事務なのか?データ投入なのか、経理事務なのか?
担う作業で求められるスキルも異なります。

一般的にですが、
・総合職なら語学力は必須です
社内に外国人が社員が増えている、取引先がグローバル化しているなど、環境も激変しています。
それでTOIEC講座に殺到しています。

また、単純デスクワークがDXで合理化されていく現在、ひとつ上の能力が求められています。
例えば、
・簿記でも2級以上の専門的な知識がある、
・MOSを持っていて、簡単なことは即集計できて改変にも応用がきく

さらに、AIも登場してますますデジタル化される作業にあっては、
・IT用語もわからないようでは仕事以前に会話すら成り立たない
これでは信頼は得られません。

資格で何ができるかの前に、自分の将来像に不可欠、有用な資格は何かを考えると、履歴書で輝く資格が見えてくるはずです。

笑い話しじゃなくて、不動産業に就きたくて頑張って「宅建」を取ったのに、無資格のひとが採用されてしまった!

理由は「運転免許がないから採用できない」というもの。

そう、不動産の案内にお客様を電車で移動はさせられない。
現地まで会社の車で案内することは常識。
だから何よりも運転免許が必要なんですよね。

自分のやりたい成りたいに必要な資格や技術、スキルは何?
しっかりと調査しておくことはとても大事です!


PR

【口コミ確認】

ユーキャンの資格は使えないという口コミ

ユーキャンの口コミを検索していると、かなり上位に「ユーキャン 資格 使えない」というキーワード(検索する際に使う重要な手掛かりとなる言葉、単語)が出てきます。

実際に確かめてみると、多くはないですが厳しい口コミも投稿されています。

・ユーキャンで簿記資格を取ったけど、就職や転職、今の職場での昇格昇進などに役だっていない。

・事務能力を向上させようと思ってMOSを取ったところで、資格手当が出るわけでもない。

・調剤薬局事務は民間資格なので大手のドラッグストアに転職しようとしても採用にも影響なし、取っても今の職場で時間単金が上がるわけでもない。

・転職狙いでフィナンシャルプランナーを取ったけれど、社内からも無評価だし、転職先もぜんぜん反応しない。

ネットのユーキャン口コミサイト、ユーキャン関連ブログなど。

始めたときには何か目的があって始めたはずです。その目的が達成されていないということがネガティブな口コミや意見の背景にあるようです。

では、どうしてそんな結果になってしまったのでしょうか?

【口コミ考察】

使えないという口コミはどうして生まれているか

口コミから背景を読み解くとおおむね3つの理由が浮かび上がってきます。

3つの理由

①資格取得が人生設計とリンクしていない。

②とりあえず関係ありそうな資格をてっとりばやく取ってしまっている。

③比較的平易な初級資格に大きな期待を持ち過ぎている。

この3つの理由について深く見ていきましょう。

資格取得が人生設計とリンクしていない

まず、口コミを調べてわかることは、ライフプランが描き切れていないのでは?ということです。

その資格を取ることで将来自分がどんなふうになりたい、なろうとしているのか。どんなポジションに就きたいのかなどの具体的な将来像、イメージがおぼろげなまま取り組んでいるようです。

【失敗】簿記3級を取っても役に立たなかった

boki_tukaenai
ヤル気君
ヤル気君

今の営業部門から事務職の経理部へ移りたい。でも実務経験が無いのでまずは経理事務に必要な簿記を、それも基礎からしっかりと学んでいきたいので3級から始めよう!

こんな考えを持って実際に簿記3級を取得して評価時に努力項目として記載しても、

不満君
不満君

会社からは評価もされないし、異動の意向も確認されない。そればかりか、上司は今の仕事の業績しか評価せず、スキルアップしていることなどまるで無視。

こんな経験をすると感情的になるのも仕方がありません。衝動的に、八つ当たりでネガティブな口コミを投稿してしまうこともありそうです。

こうしたことが背景にある口コミは、一歩引いて冷静に眺めることが大切です。

会社は簿記3級を取得しただけでは評価しません(正社員の場合)。まず、商業高校生なら誰でも取得するようなレベルの資格だからです。本来は、社員なら誰でも身につけておきたいレベルのいわば教養科目です。

全社員が経理的基礎知識を持って適正な事務処理をしてくれればいいという目的で社員に勧めるとしても、取得したことで専門知識があると認められるかどうかは別です。

会社の経理部に異動してそこそこ力を発揮して将来も経理畑で花咲きたいのなら、所有者が少ない簿記1級までを視野に入れるか、それ以上の資格を目指す必要があます。

今の仕事は、会社が適正を見極めて採用、配置したのですから、それを変えることは失敗した、損失につながることです。ですから、何かやらかしたという以外はなかなか希望は通らないでしょう。

【成功】パートの雇用条件に簿記3級以上となっていた

では、派遣社員やパート事務として働きたい場合はどうでしょうか?

・簿記3級以上の有資格が雇用の条件になっている。

・初心者大歓迎でとにかく働いて欲しいというせっぱつまった状況。

これなら有効に活かせそうです。

ただし、簿記資格を武器にして正社員を狙いたいなど、より高い希望があるなら、こちらも、簿記3級が即採用のキーになることは少ないと思われます。

会社は、仕事を総合的なものと専門的なものとで分けています。

経理専門なら通常は、商学部や経済学部を出ているような社員を求めます。

経理部は、単なる金銭計算チェックだけでなく、決算の作成、事務諸表の作成、経営状況の分析作成など高度な仕事をしています。

そこで求められる能力は、はたから見るよりも高いレベルです。

小規模な会社で、伝票作業などの繁忙解消に人力が必要という場合などは信頼される可能性が高まります。

しかし、大きな会社で大規模な経理システムが動いているような場合には、資格よりも「人間性や適性の有無」で判断される部分が大きくなります。

今の自分のポジション、将来像をしっかりと描いてみることで、取るべき資格をハッキリさせる。

将来像に照らして取得した資格なら、ユーキャンで取った資格が使えないというような事態には陥らないはずです。

ぜひ、事前に熟考してみてください。

とりあえず関係ありそうな資格をてっとりばやく取ってしまっている

資格取得前の将来像について話しをしましたが、「将来像を描かないままとにかく手あたり次第、または皆が取っている人気資格をという気持ちでてっとりばやく始めてしまうひと」も使えないという評価をしがちです。

【失敗】MOSを取っても評価も何も変わらなかった

mos_tukaenai

・今の仕事でPCを使っているからとりあえずMOSを取った。でも、評価もされないし何にも反映されなかった。

MOSは人気の資格ですが、それを活かす仕事に就いているかどうか、取得後に仕事上の成果につなげることができたのかが重要です。

結果がなければ、努力値は上がりますが評価そのものがグッと上がることは難しいでしょう。

【成功】自己改革にMOSを使った

一方で、自分の弱点や指摘を受けた点を改善するために利用してうまくいく場合もあります。

前向き君
前向き君

計算やちょっとしたミスがあるので上司から注意されがち。そこで、努力しているという証明にもなるかとMOSを取得。伝票なども注意深くチェックしてミスをしないように注意。結果として評価時には努力点はもらえた。簡単に取れたので、まあまあ役立った。

社内評価につなげるには、こうした改善効果や結果が必要です。PCスキルは果てしないので、MOS単体では正社員の評価は上がりにくいのが現実です。

実際の業務の遂行度が上がるという結果につながれば、資格取得の努力も報われるわけです。

【成功】これまでの履歴の証明のために取得して成功

これから派遣社員として働こうという場合には無駄にはならない、きっかけになりこともあるはずです。

以前の職場でデータ集計などの業務に携わっていたのでPCがかなり上手に使える、使った事務が得意という裏付けのためにMOSを取って履歴書に書いた。

MOSを持っていることが、実務経験と履歴書の裏付け証拠となることもあります。

【マサカ元営業課長の経験談】

経験上、資格を活かした仕事を期待することも多くありました。

営業上の取り組みを取りまとめるために、会社が持つデータを抽出してとりまとめ、方針にそってターゲティングするための基礎資料を作る。

その仕事には、社員よりもPCスキルが高いMOS取得者(女性)の派遣社員を雇用してもらいました。

その方は、結婚退社される前はデスクワークで主にデータ集計などに携わっていて、本人もPCスキルには自信があるということでしたし、MOSもお持ちということで信頼できるなと判断できたわけです。

結果として思い通りのものが出来上がったので、メンテナンスや改良も考えて、営業企画担当部門で長期で働いてもらうことにしました。専門職として右腕になってもらったわけです。

その後、僕が評価で太鼓判を押したこともあり、販売子会社でデスクワークの正社員として雇用となりました。子会社は、親会社と比べて給与が2割から3割程度低いという実態がありましたが、福利厚生は親会社とほぼ同じ、地域の異動が無い、仕事内容の変更が少ないなどのメリットも多く、喜んでいただきました。

character_masakaMG02.img

【よくある口コミ】英検を頑張ったが人事にも影響なしってどうなっている?

eiken_tukaenai

会社の推奨する資格をとったのに報われない、そんなひとも多いようです。

会議資料で語学力をつけろという意見があったから英検チャレンジ。

2級をかなり頑張って取ったけれど、手当とかなにかあったわけではない。

ましてや、それを活かす部署に異動があったわけでもない。

語学力はとても大事なビジネススキルですが、将来それを活かす仕事を目指しているのかどうか。例えば、海外赴任をする希望があるのか。

資格との紐づけは大丈夫でしょうか。対顧客の必要性を超えて語学力が求められることは実際にはほとんどありません

海外赴任となると英語力が求められますが、ハードルはかなり高くて、TOEICでは800点ぐらいが分岐点です。そのくらいあれば海外赴任も視野に入ります。

しかし、これはなかなか高いハードルです。頑張って勉強するには、本気で海外で働きたい、候補者になっているというような強烈な動機や背景が必要です。

【うまくいった例】

普段の仕事の中で活かすことができてよい結果につながった例もあります。

コールセンターでCM(実際に応答に出る役割り)をしていたとき、外国語でまくしたてる女性からの入電。英語は少しだけ自信があったので試しに簡単な単語でお話ししてみたところ、通じる相手が見つかって落ち着いたのか冷静になり、以後スムーズに対応が進みました。

あとで上司(SVスーパーバイザー)から褒められたとき、英検を持っているとお話ししたところ、上位ランクにさせていただき、困ったときの対応に期待される立場になれました。

持っている資格とスキルが一致して認められることもある、やはり資格は活かし方次第ということですね。

【会社のホンネ】会社には資格勉強をさせてでも、、、という思惑もある

どの会社も社員評価は常に最上位の重要課題、常に悩んでいる重大項目です。それでいろいろなことを求めてはきますが、やはり重要なことは、その資格を取得したことで実際の業務上の成果をどれだけあげられるようになったかです。

教養レベルがあがったということでは、努力値が加点されるでしょうが、絶対的な評価にはならないことが多いのです。

正社員などより良い条件で働きたい場合も、正社員に求められている資格を持っているというだけでは採用の切り札としてはまだ足りません。

正社員に資格取得を求めている背景には、「サボらせたくない、将来の振り分けにスキルアップやリスキリングさせたい※」という思惑もあります。その資格自体が社員の絶対条件にまでなっているとはいえないからです。

【※スキルアップとリスキリング】

スキルアップは、個人的な能力をさらに向上させていくための学び。

・プレゼンテーション、事務スキル、マネジメントスキルなど

リスキリングは、会社が持つ事業の方向性に適合する能力を身につけるための学びです。

・AI部門人材の育成、データサイエンス人材の育成など

【よくある口コミ】調剤薬局事務なんて役に立たない?

yakkyoku_tukaenai.jpg

いろんな口コミの中でも不人気な調剤薬局事務資格。

・調剤薬局事務は民間資格なので大手のドラッグストアに転職しようとしても採用にも影響なし、取っても今の職場で時間単金が上がるわけでもない。

近隣の大きなドラッグストアで良い条件で働きたいということで取ってみても、この資格がなければ働けないできない仕事ではありません。それで役立たないという結果になります。

大手では調剤薬局を開いて、お薬の調合からお渡し、代金支払いまですべてを行っています。でも、調剤薬局事務資格がなければ事務ができないわけではありません。そこには、薬剤師や登録販売者などより専門的、高度な資格を持つ人が働いていて、事務処理を同時に受け持っています。資格者を配置するまでもないのです。

【上手な例】経歴を活かすための証明にする

以前に、調剤薬局で相当期間働いていた経験があり、実務力向上のためその時に勉強した。

こうした経歴を履歴書に書けるなら目に留まる可能性もあります。

代用が効く仕事の場合には、資格よりも経験が問われることの方が多いのです。資格はその裏付けとして証明書代わりとして使えば、ユーキャンの資格は使えないということにはならないはずです。

解決しよう

ユーキャンの資格が使えないという前に

ユーキャンの資格が使えないなんていう前に、それがどこから来ているものなのかを確認して、どう受け取るべきかを考えてみましょう。

その上で、自分が理想とする働き方や仕事に就く、自分が描く人生の理想像に近づく資格は何か!を考えて検討することがいちばん大事です。

【おすすめ】リスキリング資格を狙う

reskilling_img

事業環境が大きく変化している業界では、次なる飯の種を探すことが急務です。その場合、中途採用などで人材を補うこともしばしばあります。

ここを狙って資格を取るという方法はあります。現状に不満があったり、新しいことに挑戦してみたい気持ちがあるなら、会社が描く未来像に乗っかるわけです。

今ならAI系を始めたとしたコンピュータ系の資格がおすすめです。これからはますます一般事務的な仕事はなくなっていきます。AI利用で解決する分野が格段に広がっていくからです。つまり、「上手な使い手になるか、AIの作り手になるか」の2択です。

会社(今勤めている、入りたい、転職したい)が力を入れて募集している分野の勉強を始めてみるのもおすすめです。まず、手始めにその分野の簡単な資格を狙って、リスキリングやキャリアアップをスタートさせるのも良い方法です。

ただし、注意したいのは、誤解を受けることにつながる可能性があることです。

ハズレ君
ハズレ君

IT系の営業を磨こう、進歩に遅れまいとして簡単なものからIT系資格を取りまくって、プログラムの勉強も始めたら、課長から「SEになりたいのか?」と聞かれてびっくり。

社員が資格を取る場合には、その動機が何であるかはとても重要です。どんな目標で学んでいるのかを上司にしっかりと話しておくこともポイントです。

ユーキャンであれユーキャン以外であれ、資格取得には大事なポイントがあるということです。そこを押さえることが活かせる資格を取ることにつながるということです。

ユーキャンの資格は使えないではなく、ユーキャンの資格をどう活かすを考えてみる設計図を作りましょう!


PR

htagicon

Writer:おたか(多嘉子)□元:大手情報系会社SE。夜通し作業が多くて肌具合も悪化し在宅ワークに方向転換。オンナも仕事もアキラメない生き方実践中。

♯Profile

Recommend
こちらの記事もどうぞ
記事URLをコピーしました